趣味は読書と音楽鑑賞です!

趣味はなんですか?と聞かれるのが怖い上京したての元阿波っ子SE



【ネタバレ感想】★★★★☆ 逃げるは恥だが役に立つ(8巻)/海野つなみ

内容

主人公の森山みくりは院卒だけど内定ゼロ、派遣社員になるも派遣切りに合い誰にも求めてもらえないとふさぎ込みながらも求職をしていた。ある日見かねた父から独身の会社員・津崎平匡の家事代行として週1で働き始めるのだが…。契約結婚を通して夫婦とは家庭とは、そして働くとは?を問いかける。2016年10月実写ドラマ化。
百合ちゃんと風見さんの関係に変化が?みくりのもやもやも解消にみけて動き出す!

こんな人におすすめ

専業主婦の人。日本の家庭制度に違和感のある人。人付き合いで悩んでる人。なんだか毎日にもやっとしている人。ピュアな恋人のやりとりを見てにやっとしたい人。

感想(ネタバレあり!

風見さんがついに、ついに、
告ったー!!
百合ちゃんのもやもやが好きすぎて可愛くてたまらん。
なんやかんやでこの2人が一番ピュアでこじれている気がしますね。愛や恋人に対して誠実でなければいけないと考えている。
お互いを大事にしている感じがすごく好き。
風見さんのモノローグもじわじわきます。

あとみくりさんが青空市のコーディネータ的存在として動きますが、もうずっとこの漫画のテーマになっている「賃金に見合った仕事」の捉え方がいいですね。
他の方からすれば「いやそれぐらいやってよ」というギャップがとてもリアル。
タダ働きや低賃金で働くにはやりがいという恐ろしい単語がつきまといます。その素晴らしさもあると思いますが、賃金が発生する上で責任があってこそ生まれるアイデアや成果ってあると思うのでみくりさんの意見に大賛成な私です。
やりがいや誠意、好意って言葉で仕事させちゃダメなんだよ。

さて、あとがきで書かれている通りそろそろ終焉のようですが、色々と考えさせられる漫画でした。最後までこのトーンでお願いしたいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ
Yahoo!ショッピング格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン─女性に選ばれているネットショップ作成サービス「カラーミーショップ」ロリポップ!のドメインは選べる全104種類!!

広告を非表示にする